サービス利用例

 

 

 

【在宅での利用例】

 

 

日々の食事の用意が大変になってきたご高齢者様に

 (台所に立つのも少し困難になってきた。お弁当を上手に利用しながら自宅での生活を続けていきたい。)

 

 

 

寝たきりでご自身で食事の用意が出来ない方に

(なんだかんだ言っても、やっぱり自分の家で過ごすのが安心できるから、お弁当を使って今の生活を続けたい。) 

 

 

男性で食事の用意が出来ず「菓子パン」や「出前」を取っている方に栄養バランスを考えて

 (自分で料理はあまりやらないから、どうしても食事は偏ってしまう。いつまでも若くないから、そろそろ好きな物ばかりではなく、栄養バランスを考えた食事を考えないと。)

 

 

 

足を悪くして買い物に行くのが大変

 (今までは自分で買い物に行っていたが、ちょっと足の具合が悪くて・・・。歩けるようになるまで少しの間お弁当のお世話になろうと思う。)

 

 

 

一人分の食事を毎日作るのは大変。たまには楽をしたい

 1人分の食材を買おうとすると高くついてしまうし、作っても余ってしまったり、なかなか難しい。昼だけはお弁当を利用して上手く食材を回していこうと思う)

 

 

 

「親」が、きちんと栄養バランスの取れた食事をとれているか心配

 (親に電話すると「大丈夫だよ」って言うけど、やっぱり心配・・・。1日に1食でもきちんとした食事を取ってもらいたい。宅配で人の目が入るのも安心できる。)

 

 

 

料理で「火」を使うのがちょっと心配

 (親が「この前も鍋を焦がした」なんて言ってたし、とりあえず一人の時はなるべく火を使わないようにした方が安心かな?)

 

 

 

親孝行も兼ねて健康的な宅配弁当を食べてもらおう

 (どうしても食べるものが偏ってしまいがち、でも親にはまだまだ元気でいて貰いたいから、11度はちゃんとした食事を取ってもらいたい。)

 

 

 

健康の為に「塩分」を控えるようにと思っているけど減塩だと食欲がわかない

 (塩分を控えるようにって言われてるけど・・・、言われた塩分量だとなかなか食事を作るのが難しい。だからつい、醤油を足してしまう。)

 

 

 

お医者さんから「たんぱく質」の制限・「カロリー」の制限が必要と言われているけど栄養計算って大変で

 (初めのうちは頑張って作っていたけど、毎日継続となると大変。お弁当を利用しながら、少しづつ自分で作れる日を増やしていきたい。)

 

 

 

「歯が無い」から柔らかい食事でないと食べられない

 (食べられるのもが限られるから、どうしても種類が偏ってしまう。もっと栄養バランスの取れた食事が必要かもしれない。)

 

 

 

自立した食生活を送る為の「補助」として

 (やっぱり自分で買い物に行けて、自分で料理出来るようになるのが一番。でも今すぐには栄養バランスを考えた食事を作るのは難しい。だから、お弁当を上手に利用しつつ、少しづつステップアップしていきたい。)

 

 

 

 

利用法いろいろ.png 

 

 

 

【施設様での利用例】

 

 

調理が出来る人が居なくなってしまった

 

 

献立を考えるのが大変、何かいい方法はないだろうか

 

 

人材不足で食事の準備以外にもやらなくちゃいけないことがたくさんあって困っている

 

 

 content_img09.jpg

 

 

 

【行政様での利用例】

 

 

・住民の安否確認までしてもらえる宅配弁当があったら助かるんだけど

 

 安否確認.png

 

 

 

上記以外にもあらゆるシーンで頼りになる 宅配弁当の「宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)」 お食事に関することなら何でも、お気軽にご相談ください!