ごはん容器が別な訳

【宅配クック123のごはん容器が別な訳】

 

 

日本人は昔から畳の上に座り、お膳に食べ物を乗せて食べていました。

 

 

そのため、食べ物と口の間に距離があり、食器を置いたままでは食べにくいので、持って食べるようになったそうです。

 

 

 

 お膳.png

 

 

 

海外ですと家具が「テーブル」だったり、「ナイフ」と「フォーク」で食事をする国が多いですから、食器は持たないのが一般的なのかもしれません。

 

 

しかし、私たち日本人は、今でも「お茶碗を持って、お箸で食べる」といったスタイルに馴染みがあります。

 

 

だから、「ごはん」は手に持って食べたい。その為に、ごはんは別の容器なのです。

 

 

 

ごはん.jpg

 

 

 

実は「宅配クック123」も開業当初は、ごはんが入った「ワンプレートのお弁当容器」を使っていたことがありました。

 

 

ワンプレートのお弁当の方が、豪華に見えるしコスト面でもメリットがあるからです。

 

 

しかし、やっぱり「ごはんは、手に持って食べる」。昔から馴染みのあるそんな作法に、宅配クック123は、ほんの少しだけこだわりたいんです。

 

 

大した話ではありませんが、ごはん容器が別なのには、こんな理由があるんです。

 

 

 

ごはん持って食事.png